HOME>お取り寄せ>味噌文化をお取り寄せ

特有の赤味噌文化をお取り寄せ

味噌おでん、味噌カツ、味噌煮込みうどん、愛知県は他県には余り見られない味噌文化が昔から根付いています。主流の八丁味噌は、原料が大豆であり、米や麦を使って作る他の地方の味噌とは、見た目も、味も、明らかに違います。何にでも味噌を使ってしまう。って、イメージがある人もいらっしゃる様ですが、そうではなくて八丁味噌だからこそ、他の料理をアレンジし易くまた、栄養価も高められるので、理にかなった使い方をしているだけの様です。ものは試しで、この赤い八丁味噌や、それを調味料に使っている様なグルメ品を、「お取り寄せ」して、何がどう違うのか、確かめてみると、「なるほどガッテン」と、ポンと手を打ちたくなるかもしれません。作り方としては、味噌と云うより、お醤油に近い製法の様で、大きな樽に仕込んで熟成を待ちます。発酵のうわずみが出て来るので、樽のふたが空いてしまわない様に、ふたの上には、ビッシリと山になった石が積まれています。仕込みの期間によって、味も変わって来るので、発酵の段階で、この料理、あんな料理と合わせ方のバリエーションもあるようですよ。初心者の他県者は、先ずはやっぱりお味噌汁様に、八丁味噌を使ってみましょう。どんな具材が合うのか、どのくらい加熱したら良いのかなんて、あれこれ工夫してみるのも楽しいかもしれません。味噌煮込みうどんなども、お取り寄せできるそうなので、寒い季節には持って来いかもしれないですね。

新着記事リスト

広告募集中